<三年生>

 

本名:佐藤美典(さとうみのり)

あだ名:ちょす

学部学科:文学部 国文学科

役職:部長

 

 

  今日も黒い衣服を身に纏い、部活始まり号令をかける彼女こそが23代B&Bオーケストラ バンドリーダー みっちょす!

  しっかり者でみんなのまとめ役、とても頼りになっています!個性が溢れでるB&B部員という束をまとめる緒のような存在です。常に優れた洞察力と広い視野でみんなのことを観察し、みんなのことを知り尽くしています!

  声も大きく口調もわりかし激しいため最初はコワイ人…?って思う人もいるかもしれません!しかし、実は案外そうでもなく接してみるとちらほら優しくて可愛いピュアな一面もチラつかせてくれます。これはギャップです!

  他にもB&Bコラージュ班の長という一面もあり、誰かの誕生日やイベントの度に部員の面白い写真をさらに面白く、そしてハイクォリティに再構築する技術を持ち合わせています。彼女の凝りに凝ったコラ画像、そこからは彼女の部活や部員への愛情のようなものを感じとれます。

   部員からの信頼はとても厚く、そして常にユーモアを追い求める彼女の独自の視点や革新的なアイディアは凄まじいもので、これまで以上にB&Bに爽やかで新しい風を吹かしてくれること間違いないでしょう!!ご期待!🕊

本名:足立都和(あだちとわ)

あだ名:すい

学部学科:創造表現学部 創造表現学科 建築インテリア専攻

役職:リサイタル

 

 

   今期のトランペットパートリーダー!彼女がケチ(節約家)でおにぎり百円セールの時にしか辛子明太子を買わなかったり、もう老後に向けてお金を意識していることは割と2年生の時に広まったので割愛する。

   ペット3年唯一の末っ子で自由人を極めたような性格。みんなが楽しんでいるのを横目に非常に顔が死んでいる なんてことは日常茶飯な事で、眠い時と疲れた時と退屈な時とピンチな時駄々をこねだす。彼女の活動パターンとしては「疲れていなければその場のノリにのっかる」「疲れていればやらない」「疲れてなかったがはしゃいで疲れてしまったので、はしゃいでいたあの時間を無駄と感じて否定する」この3つで構成されている。「気分屋で体力がない」のがこの行動パターンの根底にある。

   そしてとても恥ずかしがり屋。なので、この紹介文も読まないと思う。先輩から手紙を貰っても、2週間は読めないという。でも今年は先輩にお手紙を書いていて、あまりにも珍しいので「どどどどどうした!!!????」という空気になった。その時「ギャップです」と言っていたが、おそらく照れ隠しだろう。

  もう1つの大きな特徴が、やれインスタ映えだやれバズっただお前有名人だ言っているこの世の中で、すいはTwitterもInstagramもやっていない。人々の自己顕示欲が高まるこの平成の世に、やる必要性が感じられないのでやらないとSNSへのすゝめをきっぱり断る男前さ。全国の「最近の若者はネットでしか自分を表現できんのか!!」おじさんにこういう20代もいるんだと伝えたい。

本名:池田桃歌(いけだももか)

あだ名:こっちゃん

学部学科:創造表現学部 創造表現学科 建築インテリア専攻

役職:学祭/渉外

 

 

    空前絶後の超絶怒涛(こっちゃんは「ちょうぜつどこう」と読んでいた)の障害者だということは去年の夏合宿に広まった気もするが、これは割愛できない。今年も箇条書きでお楽しみ下さい。(2年〜現在)

・市バス前にあるセブンイレブンも大学付属だと思っていて、トランペットを持ったまま来店した。

・back numberを外人4人組バンドだと思い込んでいた。

・回転寿司を「くるくる」と呼び、それが常識だと思っていた。

・鼓膜が破れたら人間は死ぬと思っていた。

・自我が芽生えたのは中学1年の時、それまでは何も考えず生きていた。

・「(袋に)入れて下さい」と言おうとして言葉に詰まり、「入れてくれ」と命令してしまった。

  あげるときりがないこういったエピソードは、"ほぼほぼ"毎日生まれ続けている。

  言語・健康・脳みそのシワを与えられなかった分、根性と器用さを人より多く与えられたこっちゃん。皆が疲れてる中ずっと最後まで練習していたり、任された仕事はしっかりやりとげたり、やるからには!と強いこだわりを持っている。そのこだわりの強さ、粘り強さ、良い意味での諦めの悪さは「もういいよ…こっちゃん、なんでそこまでするの…」と周囲が思ってしまうほどである。こっちゃんなら、全国の「これだから最近の若いもんは!!」じーさんも認めてくれるかもしれない。

本名:酒井伶和(さかいれな)

あだ名:むぎ

学部学科:文学部 教育学科

役職:合宿/学祭

 

 

  「あなたのハートをむぎっ❤︎ むぎゅっ❤︎」ペット隊エース、B&B公式アイドルのむぎ!!

   お笑いやバンドなどが好きで、よくライブに行っている。人見知りなむぎだがラーメンズやMr.Childrenなど、自分の好きなものを突かれると一気に心の扉を解き放つ。余談だが、女王蜂というディープで怪しげなバンドのライブに我々を誘って来る……。

  日課はラジオを聴くことで、合宿や旅行先でも必ずラジオをチェックしている。そしてみんなで話していても何も喋らないことを「ごめん、リスナーになっちゃった」と言うのが鉄板。しかし、家では非常におしゃべりらしく、2人の妹に煙たがられているとのこと。テレビにおいては、幼少期からNHKの教育番組しか見ておらず、「ポケモン」「プリキュア」などの懐かしのアニメトークなどが全くもって通用しない。それに加え、過去の記憶が無いので小中高時代の昔話もできず、高校の体育祭で「昇竜拳」をやったことしか覚えていない。BBの事も忘れてしまう可能性があるため、ペット隊では日々記憶に残るような衝撃的な思い出を作っている。

  「自称愛されキャラ」から「公認愛されキャラ」に、愛嬌あるふるまいとゆったりとしたあのマイペースさが人々の心をむぎゅっとしたのではないだろうか。バイト先でも全国のおじいさんから日々愛の告白をされているとのこと。「え、大丈夫??」と聞くと、「うん、なんかだんだんそれ込みで面白くなってきゃって」と笑って言っていた。

<二年生>

 

ステラ

・心理学科

・家田 麻由(いえだ まゆ)

 

 

コミュ力やフォロー力、歌唱力が高く、しっかり者でフレンドリーなステラ(おばさん)。女子校で育った彼女は女子力を瀬戸に置いてきてしまったらしいが、合宿中はコテを持参、絆創膏は常に持ち歩くなど、女子としての根元はしっかりしている。

 また、ステラは愉快な空気をつくりだすことにも長けており、ボケも突っ込みもどっちもござれな頼もしい存在!

 練習時は熱心に楽譜と向き合い、一生懸命練習している。テーマを任されたって、失敗をものにし、実力に変えていく努力家である。ただ、彼女にはよくピストンをいじる癖があり、ピストンが逆向きに設置され音がでない!ということが度々あるので皆演奏前に確認してあげよう!

ちょっぴりおっちょこちょいな一面もあるが、トランペットの演奏は音色もしっかりしていて安定感抜群!今年はソロも任され、ますます成長していくであろう彼女に目がはなせないこと請け合いです!

ケチャ

・交流文化学科

・水谷 優花(みずたに ゆか)

 

 

彼女は昨年に引き続き、相変わらず韓国グループへの貢ぐせがすごい。とにかくすごいです。常に社畜でついに3つのバイトを掛け持ちすることに… また、これも昨年に引き続き、携帯の充電が常にありません。コンセントがあれば必ず携帯を充電しています。サークルで使っている教室に充電してある携帯を発見したら、それはおそらくケチャの携帯でしょう。そんな彼女はサバサバしていてトランペットツッコミ担当です。オコゲ・ガルボ・ステラだけでなく先輩にまでツッコミをかましてきます。たまにメンタルがやられることもしばしば… ケチャ、少し手加減してほしい…しかし!彼女はトランペットが上手。うますぎです。どうしてあんなに綺麗な音が出るのでしょう。不思議でたまりません。的確なアドバイスもくれます。時々、ケチャからお褒めの言葉をもらうと顔が緩みます笑笑

ケチャ!!これからもご指導、的確なアドバイスをよろしくお願いします!!頼りにしてます〜!!

オコゲ

藤田 響(ふじた ひびき)

創作表現専攻

 

 

第一印象は、誰もが「いつもニコニコしていて、ほわほわ〜な清楚系」と思うような女の子ですが、実際はまっっったくと言っていいほど!清楚系ではせん!

同期でも先輩でも、女子でも男子でも、誰これかまわず膝かっくんしまくります。また、どこでもいつでも急に変な踊りをします。変なやつなんです!!

でも、トランペットの練習を真面目に真剣にやったり、誰にでも優しかったり、動物に対する愛が強かったり、絵が上手だったり、ツボが浅かったり。素敵なところもたくさんある、変なやつです笑

これからのトランペットの演奏にも、変人さにも、期待が膨らみます!

藤井紗愛(ふじいさえ)

ガルボ

健康医療科学部医療貢献学科言語聴覚学専攻

 

 

名前の由来は皆さんも一度は食べたことがある(であろう)ガルボチョコからきています。ガルボって言われるとすごく厳つい感じが出てますが、そんなことはありません。彼女はものすごく女子です。女の中の女。というか乙女です。最近では一部の人から『夢見がち系女子』と呼ばれている。(仲良くなったらわかるよ) いつも『できない〜』って言っているけど何気吹けてるのがガルボ。すごく羨ましい。日々成長をし続けているガルボさんのこれからが楽しみですね!